そもそもWindos10て何?

2015年7月29日にリリースされた新しいWindowsです。
Windowsとは、OSと言うパソコンを働かせる時のすべての基本となるソフトウェアの事です。
Windos10は、Windows 8.1の後継で、マイクロソフトが今まで作ってきたソフトのWindowsとして最後のバージョンになるようです!

蛇足ですが、Windowsの歴史として

Windows3.1に始まりWindows95、Windows98(Windows98SE)、WindowsME、Windows2000、WindowsXP、WindowsVISTA、Windows7、Windows8、Windows8.1とリリースされました。

個人的な意見ですが、
安定したOSと言われたWindows98SEの後のWindowsME
WindowsXPの後のWindowsVISTA
Windows7の後のWindows8と交互に安定したOSその後に不安定なOSを繰り返しているような気がします。
今度は、不安定なWindows8の後ですのでWindows10は安定して欲しいですね。

Windows10どう新しくなるのか?

  • 起動が早くなりスピードを追求した、スリープからも素早く復帰できる。
  • 新しいブラウザ「MicrosoftEdge」・整理や作業効率を高める機能がアップ、フォト・マップ・ミュージックなどのアプリがプリインストールされていたり新機能を搭載している
  • Windowsストアで無料・有料の便利なアプリ・人気のゲームなどをインストールできる
  • お気に入りに素早くアクセスできるようにスタートメニューが強化されて復活。
  • Windows8の不便なところを改良タブレットで使いやすく作ってある

Windows10は無料でアップグレードできる!その対象はWindows7以降のOSとなります。

パソコントラブル

では、
本題のWindows10アップデートの注意点です!

Microsoftは、アプリケーションの互換性については、ほとんどの場合問題はないと言ってますが、やはり今まで使えないソフトが結構あり、よく使っているソフトは必ずメーカーのホームページを確認する事が必要です。
またパソコンそのものの対応も確認が必要です。

Windows Media Centerを使ってDVDを再生していた場合、Windows10で削除される機能ですので、DVDを視聴するには別売りのDVD再生ソフトウェアが必要となります。

アップデート後1か月は、元のWindows7、8、8.1に戻せますが、アップデートを失敗すると最悪の場合、パソコンが起動しなくなるので大事なデータは大切なデータや情報などは必ずバックアップを取っておく事も重要です。

<結論>
アップグレード前に必ずパソコンメーカーのホームページで対応状況を確認
<参考サイト>

http://azby.fmworld.net/win10/index.html

https://support.lenovo.com/jp/ja/documents/ht103822

よく使っているソフトも必ず対応しているかどうかメーカーのホームページ確認

データは必ずバックアップしておく事が重要です。

時間のある時にアップグレードを行う事です。

リカバリーDVDを作る機能があるパソコンなら、アップグレード前に必ず作っておきましょう。Windows10にアップするとリカバリーデータそのものが消えてしまう場合があり、最悪の場合もとに戻せなくなります。

不安な場合は無理にアップグレードせず、そのまま使っておく事も検討してください。
また、専門家に任せるのも選択肢です。

以上、Windows10のアップグレードに関する情報でした(^’^)

パソコン工房【公式通販サイト】

Windws10にアップグレードしたいけどうまく出来るか不安だ!もうどうしていいか分からない…という方は、パソコン救助隊までお気軽にご連絡ください。 関西一円、滋賀・京都ならお伺いいたします!