昨日、パソコン出張レスキューで2件訪問しました(^.^)

インターネットエクスプローラー起動時にエラーになりインターネットが見れない、、、

と言うお客さんの電話があり、大津市のお客様宅へ出動しました!!

インターネットを見ようとすると
「iexplore.exeアプリケーションエラー”0x0634865c”の命令が”0x0634865c”のメモリを参照しました。メモリが”written”になることはできませんでした」
とメッセージが出て、インターネットエクスプローラーが開かない、、、

まずは、不正なソフトがないかチェック!
入っていました。パソコンを重たいを修復するというソフトですが、
それ自体が悪質なソフト!

「3000個のエラーがあります。200個のエラーは無償で修復できますが、それ以上は有料となります」と
修復しないとパソコンが動かなくなります!みたいなメッセージを出して、
警告文で消費者を不安にさせて、ソフトを購入させるのが狙いの悪質なソフト!

修復すると返ってパソコンの動作がおかしくなるので、お客様に確認。

幸い、お客様はエラー表示の意味がわからなかったので、修復していないとの事(^.^)

まずは、不正なソフトをアンインストール!!

念のため、再起動!

ただ、原因は違うので、さらにパソコンをチェック

  1. ツール→インターネットオプション
  2. 「詳細設定」をクリック
  3. InternetExplorerの設定をリセット
  4. 念のため、キャッシュを含めたデータを削除

20151005[1]

201510052[1]

パソコンを再起動したら無事に直りました(^.^)

2件目は、会社近く大津市堅田の工務店様、いつもメンテナンスでお世話になっている会社さんです。

無線LANでつないでいた、Canonのインクジェット複合機が、印刷できなくなった

との事!

複合機は、Canon MG-3230 無線設定ですが、少し古い機種でプリンタ本体から設定できず、
パソコンにドライバをインストールして設定しないといけない、、、

しかも、パソコン側のプリンタ設定からも無線のポートを増やす事が出来ない(~_~;)

仕方なく、8台のパソコンを全て、MG-3230を一旦削除、ドライバの再インストール!!

無事に8台全て印刷できるようになりました(^.^)

さらに1台のパソコンが、シャープスキャナーからパソコンへデータを送れないとの事でさらにチェック!

シャープネットワークスキャナーLiteをブロックする、Windowsファイヤーウォールの設定が問題だと判断

  1. Windowsファイターウォールの設定を確認
  2. シャープネットワークスキャナーのプログラムを許可に追加
  3. 期限切れのノートンを削除
  4. 状況変らず
  5. 一旦、ファイヤーウォールを無効に設定、その後、ファイターウォールの設定でシャープネットワークスキャナーのプログラムを許可に追加
  6. Windowsファイターウォールを再度有効化

無事に解決しましたが、思いのほか時間がかかりました。

と言うわけで今後サポート内容を覚書としてブログにアップしていきます(^.^)

読んで役に立つブログを目指します (^.^)