Windowsアップデートで「更新を確認しています」が終わらない場合の対処法

ハードディスクが故障のため、ハードディスクを交換してリカバリーしたWindows7のパソコン、リカバリーは問題なく出来たのですが、Windowsアップデートが24時間経っても「更新プログラムを確認しています」で進まない。

今までも一晩中そのままにしておくと次の日には更新が出来たり、リカバリー後のWindowsアップデートは時間がかかりましたが、それにしても24時間はかかりすぎと言うことで、マイクロソフトの「Fix it」などいろいろトラブルシューティングをしても状況は変わらず、ネットで調べていると、とても参考になるサイトを見つけました。


パソコンりかばり堂本舗さんのブログ!

2016年3月のWindowsの更新「KB3138612」で改善するとの事、それをさらに詳しく説明してくれています。
「パソコンりかばり堂本舗さん」ありがとうございますm(__)m

早速マイクロソフトのページから「KB3138612」を検索、ダウンロードしてインストールを行うと、、、

「このコンピューター上の更新プログラムを検索しています」で2時間経っても変わらない、、、

パソコンりかばり堂本舗さんのブログによると

「このコンピューター上の更新プログラムを検索しています」の長い原因は

Windowsアップデートの「更新を確認しています」を「×」で閉じた事が原因のようです。

あまりにも長いから「×」で閉じる→やり直し→あまりにも長いから「×」で閉じる→やり直し

無限のループに陥ったような感じですね。
もしかしたら2日、3日、そのままにしておけば、更新されているかも知れませんが、さすがにそれでは時間がかかりすぎるので、情報を参考に試したことは

「このコンピューター上の更新プログラムを検索しています」を一旦中止します。

Windowsアップデートの「設定の変更」で重要な更新プログラムを「更新プログラムを確認しない」に変更

いったん再起動

「×コンピュータの更新プログラムを確認します」画面になっている事を確認

E382ADE383A3E38397E38381E383A37.jpg

Windowsアップデートの「設定の変更」で重要な更新プログラムを「更新プログラムを自動的にインストールする」に戻します。

更新プログラムを確認しています…が今回は約30分で終了しました。
今までかかった時間に比べるとはるかに早く確認が終わりました。

up.JPG

224個の更新プログラムがあり、インストールに2時間程度かかりましたが無事アップデートが完了しました。

しかし、マイクロソフトはWindows10へのアップグレードに一生懸命で、Windows7のアップデートに関して時間がかかる不具合を直すのが後回しになっているような気がしてなりませんね!