起動してもすぐにエラーになると言うWindows7のパソコン

起動してしばらくすると青い画面で英語でいろんなメッセージが出ます。

STOP:0X0000000A と表示されています。

ストップエラー

 

再起動後、

次は、STOP:0X00000050

ストップエラー

実は、これは「ブルースクリーンエラー」「ストップエラー」と言われるWindowsのエラーメッセージです。

ストップエラーに関してはこちらで一覧が見れます。

 

ブルースクリーン発生要因には?

■各種ドライバーの不具合もしくは更新
■メモリ・HDDの障害によるもの
■インストールされたソフトにより発生するもの
■Windowsアップデートの失敗

などです。

 

メモリチェック・BIOS画面の立ち上げ

今回は、メモリをチェックしました。

パソコンは、お客様がパソコン工房で購入されたLICENSEのデスクトップです。

まずはバイオス画面を立ち上げます。

バイオス画面の起動は、電源を入れてから「F2キー」を押します。
うまくタイミングが合わない場合は、連打して下さい。

バイオス画面の「Windowsメモリ診断ツール」を選択して起動

メモリをチェックしたところ

メモリ診断ツール

 

ハードウェアに問題が検出されました、、、

やはり、メモリにエラーが出ていたようです。

そこでメモリを交換してパソコンを起動したところ

エラー無く無事、パソコンは起動しました。