初心者のパソコントラブル対処法

第8回の今回は「不要なソフトを起動させないようにする方法」Windows8、10編です。

パソコンが起動した時にたくさんのソフト(アプリケーション)が自動的に起動するとパソコンの動作が遅くなる事があります。

それは、「スタートアップ」に不要なソフトも含め、たくさんのソフトが起動するように登録されているからです。
「スタートアップ」とは、Windowsを立ち上げた時に自動的にソフトを起動させるWindowsの機能です。

いつも使うソフトが登録されていると毎回自動的に起動してくれる便利の良い機能ですが、ソフトによっては、インストール時に勝手にスタートアップに登録する事も多く、たまにしか使わないソフトでも知らない間にいつも動いていて、パソコンのメモリを消費し、パソコンの動作を遅くする原因の一つにもなっています。

そこで「スタートアップ」に登録されている不要なソフトを起動しないようにしてパソコンの動作を軽くする方法をご説明します。
今回は、Windows8、Windows10の設定方法です。

画面下「タスクバー」(左にはスタートボタンがあります。)の何もないところで「右クリック」します。

スタートアップ調整

メニュー一覧の中から「タスクマネージャー」をクリックします。

パソコンの起動を早くする

「タスクマネージャー」が起動するので左下の「詳細」をクリックします。

パソコン起動時間がかかる

「スタートアップ」タグをクリックします。

スタートアップタグ

状態が「有効」になっているソフトが自動起動しているソフトとなります。

自動起動させたくないソフトを選択して右下の「無効にする」をクリックします。
そうする事で自動起動しなくなります。

ソフトの自動起動

逆に有効にしたい場合は「有効にする」をクリックしてください。

Windows7では「msconfig(システム構成)」と言うプログラムを使わないと設定できないスタートアップのプログラムが、Windows8やWindows10では、比較的簡単に設定出来るようになりました。