会社の近く滋賀県大津市堅田のお客様から、パソコンが起動しないので見にきてほしいとの依頼を受けました。

富士通一体型パソコン ESPRIMO FH56/HD(FMVF56HDWZ)

OS:Windows7 Professional 64bit

パソコンを起動するとWindowsのロゴの画面でその先は進みません。

通常起動しないので、セーフモードにて起動
(スイッチを入れてキーボードの「F8」を押します)

セーフモードでは起動するようでした。

そこでHDDチェックソフトで確認すると「黄色信号」

HDDが壊れかけているようです。

セーフモードで起動するのでクローンが出来る可能性がありますので、お預かりしてHDDを交換する事になりました。

富士通一体型パソコン

背面のネジを外します。ネジは6か所あります。

富士通一体型パソコン

底面の方を少しあげ、隙間にヘラを差し込みます。

HDD交換

ツメを折らない様に注意して、少しずつ外していきます。

一体型パソコン分解

背面パネルが外れました。

富士通パソコン背面ケースを外す

次は、スタンドがついているマザーボードやHDDを覆っている金具を外します。スタンドはそのままつけたままで外せます。

富士通一体型パソコン分解

HDDが見えてきましたので取り外します。
ネジはありませんので、そのまま外れます。

3.5インチハードディスク交換

HDDは、Western Digitalの2.0TB WD20EARXが取り付いていました。

同等のHDDをクローン化して逆の手順で取り付けて完了です。

パソコンは無事起動しましたので、念のため「スパイウェアチェック」ウイルスチェック」その他チェックをして完了です。