起動時のエラー

富士通のノートパソコン SH54/K

Windows8を、Windows8.1にアップデートしてさらにWindows10へアップグレードしたパソコンですが、起動時に「「Intel Rapid Start Technologyが有効になっていません」と言うエラーが発生します。

そのまま「×」で閉じると後は通常に使えるのですが、出ないようにして欲しいとお客様からご相談がありました。

intel rapid start technologyが有効になっていません

Intel Rapid Start Technology とは?

スリープ時のメモリのデータを SSD に書き込み、通常より消費電力の低い状態に移行しながら、復帰も短時間で起動させる機能です。ノートパソコンの場合、少しでもバッテリーの駆動時間が長くなるようです。

アンインストール

富士通のサポートサイトを確認するとWindows10には対応していないようです。

いずれにしてもあまりメリットがあるような機能ではないので、お客様へ了承の元アンインストールを行い、えらーが出なくなりました。

コントロールパネル→プラグラムと機能→「Intel Rapid Start Technology」を選択して「アンインストール」

アンインストール



 

Windows 10へのアップグレードを行う前に、インテル® ラピッド スタート テクノロジーをアンインストールしてください。

内容

インテル® ラピッド スタート テクノロジーはWindows 10をサポートしておりません。Windows 10へのアップグレードを行う前に、インテル® ラピッド スタート テクノロジーをアンインストールしてください。
本ソフトウェアをアンインストールすると休止状態からの高速復帰機能が使えなくなります。

詳細・対処方法

以下の手順でインテル® ラピッド スタート テクノロジーをアンインストールしてください。
1. 「コントロールパネル」を開きます。
2. 「プログラムのアンインストール」をクリックします。
3. 「プログラムのアンインストールまたは変更」の一覧から「Intel® Rapid Start Technology」を選択し、「アンインストール」をクリックします。
4. 画面の指示に従って操作します。
5. 「Intel® Rapid Start Technology アンインストール完了」が表示されたら、
「はい、コンピューターを今すぐ再起動します。」が選択されていることを確認し、 「完了」をクリックします。
以上でアンインストールは終了です。

本ソフトウェアはWindows 10アップグレード後でもアンインストール可能ですが、アップグレード前のアンインストールをお勧めします。

富士通サポートサイトより引用