マイクロソフトを語ったフィッシングメール

マイクロソフトを語ったフィッシングメールが出回っております。

WordやExcelなど利用しているOffice製品の認証が出来ないようになり、今すぐ認証しないと使えなくなると言う内容のものです。

マイクロソフトを語ったフィッシングメール

言葉をよく見ていると少しおかしい日本語で、しかも連絡先など記載されていないので、慌てずに確認すれば、スパムメールだと気付くのですが、Officeが使えなくなると思ってついクリックするとスパイウェア(マルウェア)に感染したり、マイクロソフトのアカウントを乗っ取られたりします。

このようなメールが届いたら直ちに削除して下さい。

「今すぐ認証」というリンク先にはマルウェアが仕込まれているようなので、絶対にリンク先をクリックしてアクセスしないようご注意ください。
また、Microsoftアカウントのメールアドレス、パスワードなどを絶対に入力しないように注意が必要です。

フィッシングメールの内容

<タイトル>
「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」

<内容>

セキュリティ警告!!
お使いになっているオフィスソフトの授権が終了されてしまう可能性があります!!
日本マイクロソフトセキュリティチームはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーをされた可能性があることを発見しています。
攻撃者はお使いのオフィスソフトのプロダクトキーを利用して他のオフィスソフトを起動しようと試みています。ご本人の操作なのかどうかが確定できないため、お手数ですが、直ちに検証作業をしてくださいますようお願いします。
検証作業をしていただけない場合、日本マイクロソフトはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態を終了させていただきますので、ご了承ください。

今すぐ認証

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正コピーを防止するための技術で、手続きは、短時間で簡単に実行できます また、この手続きは匿名で行われるので、お客様の個人情報は保護されております。

日本マイクロソフトもこの件を確認していて、メールは日本マイクロソフト社が送信したものではなく、該当メールは開かずに削除するようTwitterやサポートサイトなどで注意を呼びかけているようです。

フィッシングメール注意喚起マイクロソフト社

なお、下記のように連続してメールが届いています。悪質さがよくわかります。

悪質なスパムメール