画面が勝手に最大化?

マウス操作で、ウインドウをドラッグして移動してると急に画面が最大化になる事があります。
この機能はAeroスナップ機能と言い、マウス操作でウィンドウの最大化や画面の端に配置出来る、使い方によっては便利な機能ですが、ウインドウをいくつかドラッグして並べようと思っても最大化になるので個人的にはとても使いにくい機能です。

Aeroスナップ機能とは?

Aeroスナップ機能とは、Windows7、Windows8(8.1)のパソコンでウィンドウを画面の端へ移動したときに自動的にそのウィンドウを整列する機能のことです。

Aeroスナップ機能の動作

  • ウィンドウを画面の上部に持っていくと最大化
  • 左にドラッグすると左画面に最大化(画面の半分に広がる)
  • 右にドラッグすると右画面に最大化(画面の半分に広がる)
  • 上部または下部へウインドウの端をドラッグしてサイズを広げると縦一杯のサイズに画面が広がります。

初期の設定では、Aeroスナップ機能がONになっておりますので無効にする方法をアップします。

Aeroスナップ機能を無効にする方法

コントロールパネルを開く。
「システムとセキュリティ」

「コンピューターの簡単操作」

「マウス動作の変更」

「ウインドウの管理を簡単にします」の欄
「ウィンドウが画面の端に移動されたときに自動的に整列されないようにします」にチェックしてOKをクリックします。

Aeroスナップ機能を無効にする方法

これで、Aeroスナップ機能が無効になります。

Windows10では、「スナップ」と言う機能になり使いやすくなったようです。Windows10の「スナップ」に関しては、いずれこのブログで案内したいと思います。