液晶画面が角度によって消えたりする現象

液晶画面の角度によって、画面が真っ黒になり表示が消える現象があるパソコンの液晶パネルを外してチェックしました。備忘録としてアップします。

東芝ノートパソコン Dynabook T45/TG 型式 PT45TGP-SWA

Windows10のパソコンです。

東芝ノートパソコン Dynabook T45/TG型式PT45TGP-SWA

 

バッテリーを外す

一番最初に基本的な事ですが、バッテリーを外します。

パソコンをひっくり返して赤く囲った部分のネジを2ヶ所外しバッテリーを手前に引きます。

パソコンのバッテリーを外す

 

液晶パネルのフレームカバーを外す

液晶画面の両端にある「丸く白いシール」があります。このシールの部分にネジが隠れています。

液晶画面の両端にある「丸く白いシール」

シールを外すために液晶部分を下にして外します。本体は倒れてはいけないので、裏面を何かで支えておくと良いでしょう。

液晶画面の両端にある丸く白いシールを外します。

 

先端の薄い工具(ミネシマ ヘラセットなど)を使って本体を傷つけない様注意をしながらにシールを外します。

ミネシマ ヘラセットはこちらから購入できます。

本体を傷つけない様にシールを外します

そして、ネジを両端2ヶ所外します。

ネジを外す

液晶を囲っているフレームを外します。

液晶を囲っているカバー

フレームは、 ヘラをそっと内側に差込み、指を入れて外しますが、くれぐれも液晶パネルを傷つけない様にして下さい。

爪でカバーを外します。

 

液晶のパネルを外す

液晶のパネルを外す

 

少し本体を後ろに倒してヒンジ部分のカバーを外します。

ヒンジ部分のカバーを外す

液晶パネルを外す

4ヶ所ネジがあります。ネジを外すと液晶パネルが外れます。

液晶ケーブルのコネクタがつながっている状態ですので、無理やり外したりしない様に注意して下さい。

液晶パネルを固定しているネジ

 

液晶ケーブルのコネクター部分にテープが貼ってあります。シールを注意深くそっと外してコネクタを外します。

 

以上で液晶パネルの外す手順を終わります。

なお、今回の場合は、液晶パネルのケーブルを再度きちんと取り付ける事によって「角度によって、画面が真っ黒になり表示が消える現象」が修復出来ました。