Windows10について

Windows10 Ver1903アップグレード不具合-無線LANが無効・急に画面が暗くなる

投稿日:

Windows10 Ver,1903アップデート後の不具合

iiyamaノートパソコンW265EU 元のOSはWindows7をWindows10 Ver,1809へアップグレード、その後、Ver,1903へアップデートして起こった不具合です。

iiyamaノートパソコンW265EU

iiyamaノートパソコン

起動時に毎回無線LANが無効になる

Windows10 Ver,1809へアップグレードした際には、ちゃんとドライバーも適用して問題なくつながっていた無線LANが、Windows10 Ver,1903へアップデートしたとたんになった現象です。

起動時に毎回無線LANが無効になり、無線LANのアイコンに赤い「×印」が付き無線につながりません。(有線LANでは接続可能です)

 

デバイスマネージャーで無線LANのドライバをアンインストールして再起動しても、トラブルシューティングを行ってもどうしても赤い「×印」無効のままです。

メーカーサイトにも対応策やドライバーはありませんでした。

さらにもう一つの現象が、、、

画面が急に暗くなる

パソコンを使っていると突然画面が暗くなり、非常に見難い状態になります。キーボードの操作で一旦画面を明るくするものの、しばらくするやはり暗くなります。

電源の管理で画面を暗くする設定は行っていません。

ディスプレイのドライバーをアンインストールして再起動、再インストールしても、何をしても急に暗くなります。

無線LANと同様にメーカーサイトにも対応策やドライバーはありませんでした。

不具合の解決策

2つの不具合の修復が、どのような事をしても解決できませんでしたので、一旦アップデート前のVer.1809に戻すことに、、、

「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→「前のバージョンのWindows10に戻す」をクリック

Windows10 Ver.1809へ戻しました。

すると、なんと「起動時に毎回無線LANが無効になる」「画面が急に暗くなる」の現象は無くなり、全く問題なくパソコンが使用できるようになりました。

おそらく、Windows10 Ver.1903は何らかの環境やデバイスに不具合があるようです。

同じような症状になられた場合は、Windowsアップデートを疑ってみてください。

しばらくは、マイクロソフトの対応を待つしかなさそうです。

-Windows10について

Top

Copyright© イマジネットパソコン救助隊ブログ , 2019 All Rights Reserved.