Microsoft Outlookが起動できない

Microsoft Outlookを起動すると以下のメッセージが出てきて起動でき無い場合の修復方法です。

Microsoft Outlookが起動できない

Microsoft Outlookを起動できません。Outlook ウィンドウを開けません。このフォルダーのセットを開けません。予期しないエラーが発生しました。

修復方法

1、Outlook 個人用フォルダー ファイル (.pst) を修復する

隠しファイルを表示するように設定します。

Windows10の場合

「エクスプローラー」を開き「表示」タブをクリック→「隠しファイル」にチェックを入れます。

 

隠しファイルを表示するように設定します。

Windows7の場合

エクスプローラーを表示し [整理] をクリック→ [フォルダーと検索のオプション] をクリックします。

[表示] タブをクリックし [隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] をクリックして [OK] ボタンをクリックします。

 

受信トレイ修復ツール(SCANPST.EXE)

修復ツールを使ってPSTファイルを修復します。

SCANPST.EXEの場所は、それぞれ以下のフォルダ内にあります。

  • Outlook 2016の場合
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16
  • Outlook 2013の場合
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15
  • Outlook 2010の場合
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14
  • Outlook 2007の場合
    c:\\ プログラムファイル (x86) \Microsoft Office\Office1

受信トレイ修復ツール(SCANPST.EXE)を実行します。

修復ツール[参照] を選択して、スキャンする Outlook データファイル (.pst) を選択します。o

[参照] を選択して、スキャンする Outlook データファイル (.pst) を選択します。

※PSTファイルは、標準設定では各ユーザーの ドキュメント フォルダに存在します。
ユーザー名が〇〇とすると、C:\Users\〇〇\Documents\Outlook ファイル\Outlook.pst にあります。

念のため、修復する前にスキャンしたファイルのバックアップを作成 にチェックを入れます。
バックアップファイルは、同じフォルダにできます。

「修復」をクリックします。

修復が完了してOutlookが正常に起動出来れば修復完了です。

受信トレイ修復ツールでも修復が不可の場合は、次の方法を試してください。

2、新しい Outlook プロファイルを作成する

念のため、Officeを修復してそのあとにOutlookのプロファイルを作成します。

Officeの修復方法

「コントロールパネル」→「プログラムと機能」→「Microsoft Office 〇〇」を選択、右クリックして「変更」をクリックします。

※間違っても「アンインストール」を選択しないように注意してください。

セキュリティの警告が出ますが、そのまま「OK」をクリックします。

Officeの修復方法

「クイック修復」と「オンライン修復」がありますが、時間がかかりますが「オンライン修復」の方が確実です。

「修復」をクリックします。修復はかなり時間がかかり(場合によっては1時間程度)また、何も変化が無いように感じますが、そのまま完了までじっと我慢です。

修復後は、新しいプロファイルを作成しますが、マイクロソフトのページの説明がわかりやすいので引用しています。

参考にして設定してください。

ユーザーのプロファイルには、そのユーザーの Outlook 設定が含まれています。時には、そのプロファイルが破損する場合があります。新しいプロファイルを作成して、Outlook の起動時に使用されるプロファイルを変更すると、プロファイルが破損していたかどうかを判断できます。

  1. コントロール パネルを開くには、次のいずれかの手順を実行します。
    • Windows Vista または Windows 7 の場合、[スタート][コントロール パネル] の順に選びます。
    • Windows 8 と Windows 10 の場合、[スタート] を選んで [コントロール パネル] と入力します。

      注: Windows 10 の場合、コントロール パネルで、右上隅にある [表示方法] ボックスが [カテゴリ] に設定されていることを確認します。

  2. [メール] を選びます。
  3. [メール設定 – Outlook] ダイアログ ボックスで、[プロファイルの表示][追加] の順に選びます。Outlook アカウントのプロファイルを追加または削除するために使用するメールのプロパティ シート
  4. [プロファイル名] ボックスに、新しいプロファイルに使用する名前を入力します。kerimills に設定された新しい Outlook メール プロファイル
  5. アカウントの追加ウィザードの [自動アカウント セットアップ] ページの[電子メール アカウント] で、[名前][電子メール アドレス][パスワード] を入力し、[次へ] を選びます。自動アカウント セットアップを使用して、Outlook 用に新しく作成されたプロファイルの一部としてメール アカウントを追加する

    注: アカウントの追加ウィザードは、メール サーバーの設定を自動的に検索します。

  6. [完了] を選ぶと、[メール] ダイアログ ボックスの [全般] タブに追加した新しいプロファイル名が一覧表示されます。
  7. [Microsoft Outlook の起動時に使用するプロファイル] で、[使用するプロファイルを選択する] を選び、[OK] を選びます。

別のプロファイルを使用する

  1. Outlook を再起動します。
  2. [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスのドロップダウン リストで、作成した新しいプロファイル名を選びます。新しいプロファイルの名前を持つプロファイル ダイアログ ボックスを選択する
  3. [OK] を選びます。

    注: Outlook が正常に起動したら、Outlook プロファイルが破損しており、それが問題の原因と特定されます。

    Microsoftのサイトから引用しました。