Windows10について パソコン便利な小技集 救助日記

メーカーが動作保証していない少し古いNECノートパソコンをWindows10へアップグレードする方法

ハードディスクのスマートエラー

2020年1月14日 Windows7のサポートが終了しました。今回お預かりしたパソコンは、NECノートパソコンLAVIE  LS150/C 型式:PC-LS150CS1JBでWindows7のパソコンです。

起動時に「ハードディスクの問題が検出されました。」とエラー画面が出てきて正常に動かない状態です。

「ハードディスクの問題が検出されました。」とエラー画面

 

「ハードディスクの問題が検出されました。」

「ハードディスクの問題が検出されました。」

 

NECのチェックツールで診断すると、スマートエラーが出てきます。どうやら内蔵のハードディスクが壊れているようです。

スマートエラーが出ています

今回は、一旦NECのリカバリーディスクを作成、ハードディスクを交換後、改めてNECのリカバリーディスクでWindows7までリカバリー、そしてその後Windows10へアップグレードすると言う作業を行いました。

ハードディスクは、2.5インチMK3265GSX (320GB 9.5mm) 非AFT(AFT対応でない機種)のハードディスクです。最近のハードディスクはAFT対応です。

以前にNECで非ATFのハードディスクが搭載されたパソコンにAFT対応のハードディスクを交換してリカバリーディスクからリカバリーしても途中で止まってWindowsがインストール出来なかった事があるので、今回は同じ規格で非ATFのハードディスク(TOSHIBA 東芝 2.5inch SATA HDD 500GB 5400回転 512セクター(非AFT) MK5076GSX)を準備して交換しました。

AFTとは、

AFTとは、アドバンスド フォーマット テクノロジーの略です。2011年頃から各ハードディスクメーカーで採用されるようになった技術です。

ハードディスクは、膨大な数のセクタと呼ばれる記憶領域(区画)があるのですが、そのセクタはもともと512バイトという大きさでした。

これを 4096バイト(512バイトの8倍=4キロバイト)にして大きくする技術が AFTといわれるものです。

この技術により、ハードディスクのプラッタの容量を増やし、エラー訂正の精度を高めることができるといわれています。

AFTと非AFT ハードディスクより引用

ハードディスク交換・リカバリー

ハードディスクがスマートエラーで壊れていますが、NECのリカバリーディスク作成ツールで、何とかリカバリーディスクが出来ました。

内蔵のハードディスクを交換後に作成したリカバリーディスクを使ってWindows7 64bitに戻しました。

Windows7 SP1(サービスパック1)になっていなかったのでWindowsアップデートでWindows7 SP1までアップデート

その後Windows7を最新までアップデートを行いました。

 

Windows10へアップグレード

Windows10へアップグレード失敗

Windows7が最新までアップデート出来たので、Windows10へアップグレードします。

この機種は、NECでは、Windows10動作対象外の機種ですが、Windows10は動作します。

まずはマイクロソフトのアップグレードサイトから、Windows10へアップグレードを実行しました。

ところが、残念ながらWindows10のアップグレード途中で、エラーとなりWindows10へアップグレードが出来ません、、、

Windows10のUSBからのインストール

経験上、いきなり最新バージョン(現時点ではWindows10 Ver1903)でアップグレードできない場合は、一旦、前のバージョン(Windows10 Ver1803)でアップグレード出来るケースが多く、今回はVer1903のインストールUSBからではなく、以前に作ってある、Ver1803インストールUSBから直接、セットアップ(setup.exe)を実行してWindows10のアップグレードインストールを行いました。

 

Windows10インストール

インストール実行後、Windows10のアップグレードが問題なく出来ました。

ところが、、、

Windows10 バージョン1803のアップデート

Windows10になりましたが、バージョンは1803のままです。

最新までアップデートする必要があります。

まず、「更新とセキュリティ」設定画面からWindows Updateを実行、Ver1803の最新までアップデートが出来ました。

さらに最新の1909までアップデートするには、

「オプションの更新プログラムがあります 
・Windows10、バージョン1909の機能更新プログラム

「今すぐダウンロードしてインストールする」を実行する必要があります。

そこで最新までアップデートするために「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリック!

Windows10Ver1909アップデート

 

Windows10 バージョン1909のアップデートが失敗する

Windows10のアップデータファイルをダウンロードしてインストールを行います。ところが、インストール画面の最終段階で、「実行した前回のインストールが失敗しました - 0x80240034」となり、元のバージョン1803に戻ってしまいます。

Microsoft「Windows 10 - Windows Update に失敗する場合の対処法」のサイトを参考にMicrosoftのWindowsアップデートのトラブルシューティングをいろいろ試しましたが、状況は変わらず失敗します。

試したトラブルシューティングは以下です。

  1. トラブルシューティング ツールを実行する
  2. BITS トラブルシューティング ツールを実行する
  3. システム ファイル チェッカーを実行する
  4. DISM コマンドを実行する

システム ファイル チェッカーを実行

システム ファイル チェッカーを実行

DISM コマンドを実行する

DISM コマンドを実行する

 

Windows10のクリーンインストール

何度行ってもWindows10 バージョン1909には、アップデート出来ません。

ここで、裏技??を使う事に

NECのリカバリーを使わず、直接、Windows10のクリーンインストールを行うことにしました。

あいにく、この機種はUSBメモリからの起動が出来ない機種ですので、Windows10のリカバリーディスク バージョン1903用を使う事にしました。

Windows10のリカバリーディスク バージョン1903用

 

NEC専用のソフトウェアとドライバー

リカバリーを行う前に、現在のパソコンからNEC専用のソフトウェアとドライバーを念のためバックアップします。

Cドライブの中にある「DRV」「APSETUP」です。フォルダー名から判断しました。

  • DRV・・ドライバー関係
  • APSETUP・・・ソフトウェア関係
Cドライブの中にある「DRV」と「APSETUP」

Cドライブの中にある「DRV」と「APSETUP」

念のため、それぞれの中にあるフォルダを確認します。

 

ソフトウェアのプログラムが入っているフォルダ

プログラムが入っているフォルダ

 

名前から判断してほぼ間違いないようです。

 

Windows10 バージョン1903インストール

Windows10のリカバリーディスク(DVD)からパソコンを起動してWindows10をクリーンインストール、

HDDのパーテーションを削除して新たに作成、そしてWindows10をインストールしたところ無事にWindows10 バージョン1903がインストール出来ました。

<留意事項>

NECのこの機種は、初期設定で無線が無効になっている場合がありますので、その場合はキーボードの「FN」キー+「F2」キー(無線のアイコン)を押してください。そうする事で無線が有効になります。

Windows10インストール後、Windows10の最新バージョン1909までアップデート、無事最新までアップデート出来ました。

Windows10の最新バージョン1909

Windows10の最新バージョン1909

 

ドライバーを更新

予めバックアップしていた「DRV」と「APSETUP」フォルダをCドライブの直下にコピーしておきます。

デバイスマネージャーで確認すると、Windows10を最新までアップデートする事でほとんどのドライバが適用されますが、一部「ほかのデバイス 大容量記憶域コントローラー」があり、黄色のビックリマークが付いています。

 

ほかのデバイス 大容量記憶域コントローラー

ほかのデバイス 大容量記憶域コントローラー

ドライバーを更新します。

デバイスマネージャーの「ほかのデバイス 大容量記憶域コントローラー」を選択、右クリック「ドライバーの更新」をクリックします。

ドライバーの検索方法で「コンピュータを参照してドライバーのソフトウェアを検索」をクリックします。

ドライバを更新

 

コピーしていた内の「Cドライブ」→「DRV」を参照先として選択します。

「Cドライブ」→「DRV」を参照先として選択します。

「Cドライブ」→「DRV」

 

「ドライバーが正常に更新されました」とメッセージが出てドライバーが更新されました。

「ドライバーが正常に更新されました」

ドライバーが正常に更新されました

 

デバイスマネージャーからも黄色のビックリマークが消えて正しいドライバーが適用されています。

デバイスマネージャー

デバイスマネージャー

 

NEC付属ソフトウェアのインストール

NECのプリインストールのソフトは、基本的に不要なものが多いですが、それでも使えるソフトがあります。

今回は、年賀状ソフト「筆ぐるめVer.17」とDVDのコピーソフト「Roxio CREATOR Ver.7」そして「Windowsムービーメーカー」「WindowsLiveメール」など「Windows Essential」です。

筆ぐるめVer.17のインストール

筆ぐるめは、「APSETUP」フォルダの「FUDEGRM」フォルダにインストールプログラムがあります。

「Fgwset.exe」を実行します。

「Fgwset.exe」を実行

「Fgwset.exe」を実行

 

「筆ぐるめVer.17のインストール」をクリックします。

インストールが始まりますので、そのまま指示に従い実行します。

インストールが始まります

インストールが始まります

 

筆ぐるめがインストールされました。念のため、起動して動作を確認します。

筆ぐるめ

筆ぐるめ

無事に筆ぐるめが起動しました。

 

Roxio CREATOR Ver.7のインストール

次にRoxio CREATOR Ver.7をインストールします。

「APSETUP」フォルダの中にある「CLJ」フォルダの中の「setup.exe」を実行します。

「setup.exe」を実行します。

「setup.exe」を実行します。

インストールが始まりますので、そのまま指示に従いインストールします。

インストールが始まります

Roxio CREATORのインストール画面

 

無事インストールが完了し、起動も問題なく出来ました。

Roxio CREATOR

Roxio CREATOR

 

「Windows Essential」のインストール

「Windows Essential」は「Windowsムービーメーカー」「WindowsLiveメール」などのソフトがあります。「Windows Essential」をインストールします。

「APSETUP」フォルダの中にある「WLive」フォルダの中の「wlsetup-all.exe」を実行します。

セットアップ画面でインストールするソフトウェアを選択、そのまま指示に従い、必要なソフトをインストールします。

「Windows Essential」のインストール

「Windows Essential」のインストール

無事「Windows Essential」のインストールが完了致しました。

 

最後に以下のソフトウェアをインストールします。

  • アドビアクロバットリーダー
  • Google Chrome
  • Office Home & Business 2010

これですべての作業が完了致しました。

メーカーが動作保証していないパソコンでしたが、Windows10の最新までアップグレード出来て、動作もスムーズです。

Windows10アップグレード

Windows10アップグレード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-Windows10について, パソコン便利な小技集, 救助日記

Top

Copyright© イマジネットパソコン救助隊ブログ , 2020 All Rights Reserved.