マイクロソフトがアップグレード通知画面を変更

マイクロソフトがWindows10のアップグレード通知画面を変更して「無償アップグレードを辞退する」が文章に追加するとの事です。

 

Windows10通知画面を変更

 


マイクロソフトの最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」の「自動更新」問題で、米マイクロソフトが更新通知の表示を見直す方針を発表した事を受け、日本マイクロソフトは1日、日本語での表示方法を公表した。同日から順次、変更される。新通知は「今すぐアップグレード」「日時を指定」の右横に「無償アップグレードを辞退する」との選択肢が表示される。


2016年7月1日 毎日新聞の記事より出典

Windows10も正常にアップグレード出来れば、結構使いやすいソフトです。
最初から「無償アップグレードを辞退する」というボタンを分かり易くつけておけば、今回の様なトラブルが多発しなかったのかも、、、

今回は、その記事とは別に、皆さんに注意したい事があります。

毎日新聞のWEB版の記事ですが、マイクロソフトの記事の横に広告が、、、

悪質な広告

WINDOWS 10エラーの修正
pcspeedcat.com/ダウンロード
(推奨されるWindows修復ツール)
2分でWindows 10エラーを修正します。

そこをクリックすると下記のサイトが開きます。
サイトには、「Microsoft partner」というロゴが表記されています。

Pc Speed Cat

マイクロソフトパートナー

このロゴを見ると「Microsoftの関連の企業」というイメージがありますが違います。
実は取得は案外簡単で、そのロゴを利用して「Microsoftが関与及び推奨している」と見せかけている悪質な企業もあります。

同じく「マカフィー」「ノートン」と言ったセキュリティ会社のロゴも表示して安心させていますね。

大量のエラーや問題があると不安をあおり、購入を即するソフト

実は、このソフト、パソコンに大量のエラーや問題があると不安をあおり、購入を即するソフトです。
※すべてのこういった系統のソフトが悪質とは言いませんが、大方が、たいしたエラーでも無いのに「あなたのパソコンこんなに異常がありますよ!」と表示し、エラーを解決するソフトを売りつけようとする詐欺ソフト・点検商法ソフトの一種です。

場合によっては、前回のブログで案内した「RegClean Pro・WinZip Driver Updater」と同様にクレジットで購入すると知らない間に自動的に毎年引き落としされているという事もあります。

また、メッセージの通り、安易にエラーを修復してしまうと、特に悪くないところも無責任に修復してしまうので、パソコンの動作が異常に遅くなったり、最悪パソコンが起動しなくなる事もあります。

パソコンの画面上に勝手に「エラーを修復」「ウイルスに感染しています」など表示された時は要注意です。

しかし、毎日新聞の記事に出てくる広告ですので、つい信じてしまいますね。
皆さん、ご注意ください。